東京から
嫁いで6年、
三児の母の
漁村ライフ

夏の怪と津本式

赤坂水産の赤坂です・・・
先日、飼育している真鯛の生け簀にとんでもないものが漂着しました・・・

触らぬ神に祟りなし
当初は放置するつもりでしたが、このままでは生け簀の「白寿真鯛」が「白”呪”真鯛」となってしまうので、恐る恐る水揚げしました・・・
間近に見てみるとかなり大きく生々しく感じます・・・
ただ、万歳しているかのようなポーズに、やや陽気な印象を受けました・・・

万歳しているかのようなポーズ・・・「救助されて嬉しい!」とでも、言うのだろうか?

しかし、長い間海水に浸っていたためか、わらがふやけ、大変痛ましい姿となっておりました・・・
そのため、処理方法が定まるまで、出来る限り丁寧に保存することにしました・・・

保存処理

まず、清める意味も込めて塩を振り脱水します・・・


塩を洗い流し、保存の大敵である水分を吸い出すため、吸水紙と耐水紙で包みます・・・






ナイロン袋に入れ、空気を抜き真空にします・・・


これで保存処理の完了です・・・安らかにお眠り下さい・・・


一連の処理は、海産物を最高の状態で保存する「津本式究極の血抜き」という方法に倣い、実施しました・・・
丁寧な処理の全貌は、こちらの動画が分かりやすいです・・・


一か月経っても落とし主が現れない場合は神職の方に相談し、処分いたします。
最後に1つ。
今回、ずさんに管理されたわら人形が漂着したため、大変恐ろしい思いをいたしました・・・
呪物は各自責任を持ってご使用、処分してください😡!


飲食店様や卸様に向け、業務用直販をはじめました

※会員数、在庫数に限りがございます。

津本式楽天市場店で販売していただいております


関連記事一覧